今井貴水のブログの内容が怖すぎ…崎谷健次郎を27年もストーカー

芸能
スポンサーリンク

有名シンガーソングライターの崎谷健次郎さんが27年間に及ぶストーカー被害を告白しました。

崎谷健次郎さんをストーカーし続けたのは前妻の知り合いの3オクターブ歌唱法を実践しているシンガーソングライターの今井貴水です。

今回は27年間に及ぶストーカー被害の内容と今井貴水の怖すぎるブログについてまとめました。

スポンサーリンク

崎谷健次郎さんの27年間に及ぶストーカー被害

「もう一度夜を止めて」など、多くのラブソングを世に送り出したほか、斉藤由貴さんや柴咲コウさんなど、多くの歌手に楽曲を提供してきたシンガー・ソングライターの崎谷健次郎さん(56)。

その崎谷さんが、「私、27年間ストーカーされているんです。つらいはとうに通り越している」と、カメラの前で告白した。

崎谷さんにストーカー行為を続けてきたのは、崎谷さんの前妻の知り合いだった。

崎谷さん「(ストーカー行為をされたきっかけは?)1991年にレコーディングでニューヨークに行った時に、(元妻の)知り合いということで、女も一緒に会ったことがある。女が私のホテルにやってきて、過ちが一度ありました」

1991年ニューヨークで出会ったその翌年、崎谷さんがリリースした曲が自分への思いをつづった曲だと思い込んだという女。

ストーカー行為は、その時から始まったという。

崎谷さん「(具体的にはどんなストーカー行為?)血判状。『崎谷に会わせなさい』というものが送りつけられる。ライブの最中に立ち上がって、観客席からステージに向かって歩いてきて、ステージの上に婚姻届を置く」

「血判状」に「婚姻届」。

相手のストーカー行為は、さらにエスカレート。

崎谷さん「偽名を使ってライブに来ようとする。体をぴったりつくような状態で、『好きです』と言って、わんわん泣き出した」

2018年ごろからは、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を行うようにもなり、つきまとい行為も深刻化。

そこで、警察に相談したところ、6月、女はストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。

実に、27年間に及びストーカー被害に悩まされてきた崎谷さん。

しかし、不安は今もぬぐえないという。

崎谷さん「逮捕された、それでもやめないかもしれない。『よかったですね』の言葉があたらない、危険すぎて。迷惑があることをわかってほしい、反省してほしい、やめてほしいことを彼女に訴えたい」

引用:FNNPRIME

ホテルでの過ちとは体の関係をもってしまったのでしょうか。

ストーカーは最初は軽度であってもだんだんとエスカレートする傾向がありますが、27年という長い期間ですので、語られた内容以外にも重度な被害にあわれていたと思われます。

スポンサーリンク

崎谷健次郎のストーカーは今井貴水(前妻の知り合い)

崎谷健次郎さんを27年間もストーカーしていたのは今井貴水さんと特定されています。

その根拠は

FNNPRIMEが報じた

2018年ごろからは、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を行うようにもなり、つきまとい行為も深刻化。(引用:FNNPRIME)

日刊スポーツが報じた

2019年春から僕や僕の周りの人間に対して妄想で中傷するブログを始め、ネットによるストーカーと名誉棄損を繰り返していました (引用:日刊スポーツ)

これらのことからネット上での書き込みがあったことがわかります。

そして今井貴水さん自身のブログ「The World of Kisui Imai」で2019年3月から崎谷健次郎さんに向けたメッセージの投稿を開始しています。

そのブログの内容はほんとに恐ろしい内容でした…

スポンサーリンク

今井貴水のブログの投稿内容

今井貴水は崎谷健次郎さんの前妻である吉國一己に対して恨みや嫉妬を抱いており、

吉國一己への誹謗中傷と崎谷健次郎さんへのストーカーと思われる内容がブログに投稿されています。

1記事約5000文字程度でびっしりと綴られています。

ことの発端は吉國一己が崎谷健次郎になりすまし今井貴水へ送ったメールの内容に関してです。

一部抜粋して載せておきます。

続きが気になる方は今井貴水のブログで続きをご覧ください

The World of Kisui Imai

スポンサーリンク

ネットの声

私もブログを見た時恐怖を覚えました。

読めば読むほど内容がキツくなって、途中で耐えられなくて読み止めました。

これ以上のことを27年間も耐えてたと思うととてもつらいです。

以上、今井貴水のブログ内容についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今井貴水のブログ「The World of Kisui Imai

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まーぼうブログ

コメント

error:Content is protected !!