木嶋真優の路チューの画像は?年齢や彼氏とキスをする理由について

芸能
スポンサーリンク

美人バイオリニストがすぐ路チュー!?

6月6日の「アウト×デラックス」の放送で美人バイオリニストの木嶋真優さんが出演しました。

幼少期から天才少女と呼ばれ実力とルックスを兼ね備えた木嶋真優さんですが、なんとすぐに路チューをしてしまうんだとか!

そんな木嶋真優さんの年齢やすぐにキスをする理由、そして路チューの画像があるのか調査したのでお伝えします。

スポンサーリンク

木嶋真優さんのプロフィール

名前:木嶋真優(きしま まゆ)

生年月日/年齢:1986年12月13日 32歳

出身地:兵庫県神戸市

学歴:小林聖心女子学院小学校

   小林聖心女子学院中学校

   ケルン音楽大学

所属事務所

   ジャパンアーツ、ワタナベプロダクション

 

木嶋真優さんの経歴

幼少時代

3歳半からヴァイオリンを始めました。

桐朋学園子供のための音楽教室(茨木教室)に通い、就学前に京都での子供向けのコンクールで3年間連続の金賞を受賞します。

9歳の時に小島秀夫が指揮するコジマ・ムジカ・コレギア・という音楽団体とともにヴァイオリン協奏曲第一楽章でオーケストラデビューを果たしています。

1998年に第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部で第1位を獲得しました。

この頃に天才少女と呼ばれるようになりました。

中学時代

1999年に日本クラシック音楽コンクール全国大会で最高位を獲得します。

2000年にはリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア部門で最高位を獲得します。

また中学校2年生のとき、横浜で開催されたザハール・ブロンのセミナーに参加し、ブロンから「今すぐ留学した方がいい」とのアドバイスを受け、2001年10月にケルン音楽大学ヤングコースへ留学し、同大学教授であるザハール・ブロンに教えを受けます。

大学時代

2003年にNHK交響楽団のラヴェル管弦楽作品集において、ソリスト(独奏者)としてレコーディングに参加します。

バハール・ブロンは木嶋真優さんを「教え子の中で1,2を争う才能」と評価しており、音楽界では有名なロストロポーヴィチに木嶋真優さんを紹介します。

それからロストロポーヴィチとアメリカ、ヨーロッパツアーの経験を重ねていく中でメディアでも好評を記されました。

2006年には日本フィルハーモニー交響楽団との共演でヨーロッパ演奏を行ったり、日本ツアーにも同行したこともあります。

2012年にはケルン音楽大学を首席で卒業しています。

 

幼少期から才能を開花させ、ヴァイオリニストとしての実績を積み上げてきておりほんとにすごい方です!

スポンサーリンク

木嶋真優さんの彼氏や好きなタイプ

木嶋真優さんの彼氏は過去に外国の方がいらしたようですが現在はわかりません。

木嶋真優さんの好きなタイプは60歳以上の男性13歳のときに好きになった人が60歳以上だそうです。

下手したら自分のおじいちゃんぐらいの人ということになります。

また体がムキムキよりもたゆんたゆんの方が好みなんだとか。

好きな男性のタイプは少し個性的ですね。

そんな変わったタイプを持っている実力のある美人バイオリニストがなぜすぐに路チューをしてしまうのでしょうか?

 

木嶋真優さんが路チューをしてしまう理由

木嶋真優さんは事務所からキスをすることを禁止されているほどです。

ではなぜそんなにキスましてや、外で路チューをしてしまうのか?

いろいろ調べてみたのですが、特に情報がありませんでした。

もしかしたら、アウトデラックスの放送で話してくれるかもしれません。

しかし、中学を卒業してから、海外に留学し活動をしていたことを考えるとキスをするのは挨拶のような感覚をもっているのかと思います。

日本と海外でキスの意味や感覚が違っているので、日本で色んな人にところかまわずキスをしていたら、恥ずかしいし、周囲も気にしてしまいます。

木嶋真優さんにとってはキスをなんでそんなに注意されるほどなの?と思っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

木嶋真優さんの路チューの画像

木嶋真優さんがすぐ路チューをしてしまうということはその画像が撮られているのではないか?

いろいろ探してみましたが、そのような画像はでてきませんでした。

ですので代わりといっては何ですが、美人な木嶋真優さんの画像を載せておきます。

とてもお綺麗で魅力的ですね!

美人ですしヴァイオリンも上手だし、これはモテますね!

 

まとめ

以上、木嶋真優さんについてでした!

木嶋真優さんのこれからのさらなる活躍を応援しています!

 

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!