福岡市博多区の市営住宅事件 母親と妹の名前や顔は?兄との関係は?

ニュース
スポンサーリンク

福岡県福岡市博多区板付4丁目の市営住宅で40代の兄が70代と母親と40代の妹を襲う事件がありました。

今回はこの事件の内容と被害女性の名前や顔、兄との関係についてまとめました。

スポンサーリンク

事件内容

5月31日午後5時すぎ、福岡県福岡市博多区板付4丁目の市営住宅付近で40代の女性が倒れているのが発見されました。

女性の右胸には刺し傷があり、その40代女性は「兄が刺した。部屋にまだ母がいる。」

といいました。

それをうけた警察は女性の自宅である市営住宅へ向かうと、市営住宅の3階の一室で親子とみられる70代の女性と40代の男性が倒れていました。

母親は後頭部から大量に出血しており、息子は腹部から出血していたそうです。

その母親が

「引きこもりの息子と口論になり、頭をたたかれた。」

と警察に話しています。

このことから警察は

ひきこもりをとがめられた男が逆上して母親と妹(路上に倒れていた女性)を殺害しようとし、その後自殺をはかったとみるて調べを進めている。

 

路上で倒れていた40代の妹は現在治療中。

母親は病院に運ばれ意識不明の重体。

息子は搬送後、死亡が確認されました。

 

母親と妹の名前や顔について

今は何の情報も出ておらず、分かっていません。

分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

兄との関係について

兄はひきこもりであり、今回の事件の発端は

「母親と兄による口論」が原因となっているため、母親とはあまりいい関係ではなかったのではと思います。

母親は心配で声をかけているのだと思いますが、それを兄は良しとしなかったのでしょう。

妹との関係についてははっきりわかりませんが、妹の右胸を刺したことが母との口論の衝動からなのか、気に入らなかったのかはわかりません。

また何か情報が出たらお伝えしようと思います。

 

まとめ

口論になって逆上したとはいえやってはいけないことなのは確かで、さらに自殺に至っては家族が悲しむだけなので、ほんと良くないです。

川崎市の事件でも犯人は自殺で終わっていたので、こういったニュースが続かないことを祈ります。

次の内容もまとめています。

福岡博多板付 事件の犯人の名前は?動機は?犯行場所はどこ?

福岡市博多区板付事件の犯人は引きこもりの息子である40代男性

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!