福岡市博多区板付事件の犯人は引きこもりの息子である40代男性

ニュース
スポンサーリンク

5月31日午後5時すぎ、福岡県福岡市博多区板付4丁目の路上で40代の女性が倒れているのが発見されました。

女性の右胸には刺し傷がありその40代女性は「兄が刺した。部屋にまだ母がいる」といい、それをうけた警察は女性の自宅である市営住宅へ向かいます。

すると、その市営住宅の3階の一室で男性と女性が血を流して倒れているのが見つかりました。

スポンサーリンク

部屋の状況

部屋に向かうと親子とみられる70代の女性と40代の男性が倒れていました。

さらに部屋の中は火がついており、黒煙が立ち込めていたといいます。

母親は後頭部から大量に出血しており、息子は腹部から出血していたそうです。

 

犯人は40代男性のひきこもり

母親とみられる女性は、警察に対し

「引きこもりの息子と口論になり、頭をたたかれた。」

と話したあと、病院に運ばれ意識不明の重体となっています。

警察によると

ひきこもりをとがめられた男が逆上して母親と妹(路上に倒れていた女性)を殺害しようとし、その後、自殺をはかったとみるて調べを進めている。

路上に倒れていた妹は治療中。

息子は病院に搬送後、死亡が確認されました。

スポンサーリンク

犯行現場

奥の公園の近くの路上で妹が倒れており、母親と息子が倒れていたマンションは4つならなんでいる棟の右下の3階だそうです。

妹は部屋で右胸を刺された後、外に逃げていたのでしょうか?

詳しい現場の状況もまだわかっておりません。

 

犯人のプロフィール

名前や年齢はまだ分かっていません。

ひきこもりで親と口論していた状況から職業は無職かと思われます。

 

まとめ

犯人は40代で引きこもりだったということもあり、母親もうるさく言っていたのかと思われます。

だからといって人を殺傷し、自分は自殺をするなんてことはあってはならないと思います。

次の内容もまとめています。

福岡博多板付 事件の犯人の名前は?動機は?犯行場所はどこ?

福岡市博多区の市営住宅事件 母親と妹の名前や顔は?兄との関係は?

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!