岩崎隆一の遺書は?SNSに投稿が残されている?

ニュース
スポンサーリンク

5月28日、神奈川県川崎市で小学生ら19人が岩崎隆一(51)に包丁で刺され、2人が死亡した事件が起きました。

この事件はスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童らが殺傷されたことや刃物を4本所持していたことから、計画的犯行との情報が出ています。

もし計画的犯行ならば遺書があるのでは?

今回の事件について計画的犯行と思われる要因と遺書についてお伝えします。

スポンサーリンク

事件概要

岩崎隆一容疑者は神奈川県川崎市の麻生区に住んでおり事件当日、包丁をもってコンビニ付近で人を刺したのち、スクールバスを待っていた私立カリタス小の児童らに駆け寄り、小学生たちを次々と殺傷しました。

岩崎隆一容疑者は19人を刺したのち、自分の首を刺して心配停止状態になり、死亡しました。

 

事件に計画性が見られる?

事件現場の状況から犯行に計画性があったのではないかと考えられています。

岩崎隆一容疑者は事件現場の近くに住んでおり、カリタス学園のスクールバスが来る時間帯を把握できたこと。
殺傷後すぐに自らの首を切りつけ自殺したこと。
また岩崎隆一容疑者は両手に刃物を持ち殺傷したのですが、事件後の調査で岩崎隆一容疑者のリュックの中にもう2本の包丁を所持していることがわかり、合計4本の刃物を所持していたのは、なんらかのトラブルに備えて予備の包丁を持っていたのではないかと考えらること。
現場検証により犯行が十数秒のうちに犯行が行われたことがわかったこと。
岩崎隆一容疑者は小田急線を使用し登戸駅に意図的に来た

以上の内容を中心にこの事件に計画性があったとの情報が出ています。

 

計画的犯行ならば遺書がある?

岩崎隆一容疑者は自殺したため、今回の事件の動機がわかりませんでした。

しかし、もし計画的犯行ならば遺書が残されていたり、遺書のような内容のもの(SNSにそれらしき投稿)があるのではと思われます。

今は遺書のようなものは見つかっていませんが、岩崎隆一容疑者の自宅やSNS、家族、交友関係などのあらゆる方面での調査を進めているようです。

もし見つかれば、事件の動機がわかるかもしれません。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!