木津英喜は木津いぶきを本当に殺害したのか?携帯電話不明や父親の電話内容が矛盾

ニュース
スポンサーリンク

7月7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店「木津屋」で冷蔵庫の中に大学1年生の木津いぶきさん(18)の遺体が発見されました。

同時に木津屋の経営者の父親の行方が分からなくなり探していましたが、7月7日の早朝にさいたま市岩槻区の河川敷で木に首を吊った状態で発見されました。

またその後の捜査で、事件後の家族への電話内容や木津きぶきさんの携帯電話が見つかっていないことから、本当に父親が殺害したのかとネット上では疑問が上がっています。

そこで、木津いぶきさんを殺害した父親の木津英喜さんの顔画像、犯行動機や本当に父親の殺害によるものなのかと疑われている理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク

木津いぶき父親が首を吊って死亡

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて探していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。

警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。

尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があったという。

捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。木津さんはひざを抱えるような体勢だった。首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。近くには普段使っていたオートバイがあったという。

木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。「父親が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。変わった様子はなかった。親子に何があったのか、驚いている」と話した。

引用:朝日新聞

スポンサーリンク

木津いぶきの父親の名前や顔画像と犯行動機は?

木津いぶきさんの父親の名前は木津英喜さん。

年齢は43歳です。

顔画像については現在情報がありません。

木津英喜さんが自殺したことで、ニュース等で名前や顔画像が公開されると思われます。

和菓子店「木津屋」の冷蔵庫に木津いぶきさんの遺体を入れ、木津英喜さんが死体遺棄をした動機については、亡くなってしまったのではっきりとはわかりません。

親子関係でトラブルになってしまったのか、お店の経営がうまくいかず娘に当たってしまったのか、動機については、関係者に調査しているようです。

 

木津英喜さんがさいたま市岩槻区の河川敷で発見される

木津いぶきさんが和菓子店「木津屋」の冷蔵庫で遺体として発見された後、父親の行方が分からなくなり捜索していましたが、7日午前4時45分頃にさいたま市岩槻区の河川敷で木に首を吊った状態で見つかりました。

近くには普段から使っていたオートバイがあったといいます。

 

木津英喜さんは娘を殺害した後、木津いぶきさんの自宅に

「娘を和菓子店で切った。死にたい」

「手首を切って死ぬ。川に沈んで死ぬ」

「娘を切った」

と電話があったそうです。

この電話が6日の午後6時35分ごろだったようです。

なので、この時間にはすでに冷蔵庫に入れられていた状態だったと思われます。

娘を冷蔵庫に入れ、バイクでさいたま市岩槻区まで失踪した後、河川敷で首を吊るまでに家族には会うことなく、命を絶ちました。

せめて父親の死を止めることができたらよかったのですが…

スポンサーリンク

木津英喜は本当に娘を殺害したのか?

ネット上では、木津いぶきさんの父親が本当に娘を殺害したのか不自然に思う声が多くありました。

もしかしたら、他者の手によって娘と父親が殺害され、あたかも父親が殺害したかように見せた偽装をしたのでは…

その理由は次の通りです。

 

理由①:遺体の状態と父が話していた内容が異なる

父親は自宅にいれた電話には

「娘を切った」

と話しています。

しかし、遺体には目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

ここに矛盾点が生じています。

切ったならどこか切り傷があってもおかしくないです。

パニックで違うことを言ってしまったのかもしれませんが、違和感があります。

 

理由②:木津いぶきさんの携帯電話が見つからない

一番不自然だと思われている理由は娘の木津いぶきさんの携帯電話が見つかっていないこと。

その後の捜査で木津いぶきさんの携帯電話が見つかっていないことがわかりました。

東京・荒川区の和菓子店で、18歳の女子大生が遺体で発見された事件で、女子大生の携帯電話が見つかっていないことがわかった。

この事件は、荒川区の和菓子店で7日午前1時ごろ、大学1年生の木津いぶきさん(18)が、業務用の冷蔵庫の中で死亡しているのが見つかったもの。

いぶきさんの父親(43)は6日夜、「店で娘を切った。死にたい」と家族に電話し、その後、首をつって死んでいるのが見つかっている。

父親の知人は「(父親の人となりについて?)すごく優しくて、まわりからも慕われている感じ」と話した。

いぶきさんの携帯電話は、6日午後7時半すぎに母親が電話した際には、すでに電源が入っておらず、今も見つかっていない。

警視庁は、所持品を捜すとともに、父親がいぶきさんの遺体を放置し自殺したとみて調べている。

引用:Yahoo!ニュース

父親が殺害したらすぐにわかりますし、携帯電話を処分する理由がわからないとネット上で言われています。

7月6日、木津いぶきさんはバイトに出掛けるといってバイト先に現れなかったそう。

この時点で、誰かに呼び出される連絡を受けていた可能性が高いです。

これが父親だったのか、それとも別の人物だったのか…

父親が殺害したなら、娘とのやり取りを家族にばれたくなかったと考えられます。

もし別の人による犯行ならば、携帯電話に真の犯人の名が残っているはずです。

 

木津いぶきさんの遺体状況と父親の電話内容が異なる。

事件の重要証拠となりうる木津いぶきさんの携帯電話が見つからない。

どこか不自然…。

たしかにそんな気もします。

もし父親以外の人によって木津いぶきさんと父親が殺害されたのなら、矛盾の生じた父親からの電話は、犯人は自分ではないと訴えかける最後のメッセージかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の声

ネット上では遺体に切り傷が見られなかったのに、父親が娘を切ったという電話があったことや、携帯電話が見つからないことに、本当に父親が娘を殺害したのか疑問に思う声がありました。

ただの親子げんかが原因なら所持品はそのままなはずだし事情を知っている父娘がいない今、携帯電話が唯一の手がかりになるといいが・・

 

娘を切ったと言ったのに絞殺だったり、携帯がなくなってたり、なんとなく不自然なことが多いですね

 

娘を殺害した複数の犯人が父親を拉致して自殺に見せかけたのでは?
携帯での話は偽装?
携帯も持ち去ることも不思議だし娘の遺体を冷蔵庫に入れるのは
時間稼ぎでしょう、なんで自殺しようという人間が時間稼ぎを
する必要があるのか?
どうも不自然な事が多い。

 

ストーカーか何かにやられた気がする。
殺し方や自殺の仕方が違うとこなど自分がやったのではないということを示す父親の最後のメッセージかもしれない。
最近は防犯カメラの普及と設置で案外すぐに捕まるかもしれない。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!