松尾邦春(お悔やみ詐欺犯人)の顔画像や住所と年齢が特定!詐欺未遂容疑で逮捕

ニュース
スポンサーリンク

新聞のお悔やみ欄を悪用し、遺族から架空請求で金をだまし取ろうとしたとして、北海道常呂郡佐呂間町宮前町、無職の松尾邦春容疑者(52)が詐欺未遂容疑で逮捕されました。

新聞のお悔やみ欄から住所を引いて架空請求詐欺の文章が書かれた手紙が送付される「お悔やみ詐欺」が北海道で多くありました。

実際にお悔やみ詐欺の手紙が届いた方がツイッター上でその内容を公開しています。

そこで今回は、松尾邦春容疑者の顔画像や住所とお悔やみ詐欺の内容や手口とについてまとめました。

スポンサーリンク

お悔やみ詐欺で松尾邦春容疑者が逮捕

北海道警札幌中央署は5日、新聞のお悔やみ欄を悪用し、遺族から架空請求で金をだまし取ろうとしたとして、佐呂間町宮前町、無職、松尾邦春容疑者(52)を詐欺未遂容疑で逮捕した。「金がほしかった」と話し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は6月21日ごろ、札幌市南区の60代の女性に対し、レンタルスペース業者を装い、「死亡した夫が違法なわいせつDVDを預けていた。警察に提出されたくなければ14年分の利用料金16万8000円を支払え」と虚偽の内容で金の振り込みを要求する手紙を送ったとしている。女性が警察に届け出て、発覚した。

 同署によると松尾容疑者は新聞のお悔やみ欄で確認した住所に、同様の手紙を約100通送ったと話しているという。手紙には自らの名前や銀行口座を明記した上で、新聞のお悔やみ欄で顧客の死亡を知り、荷物を確認したとの虚偽の説明をしていたという。

 大手トランクルーム業のキュラーズ(東京都)によると、業者が顧客から預かった荷物を勝手に開封して確認することはないといい、道警は「金を要求する手紙が来たら慎重に対応してほしい」と注意喚起している。

引用:毎日新聞

スポンサーリンク

松尾邦春容疑者の顔画像や住所と年齢が特定

お悔やみ詐欺の犯人がネット上で推測されていましたが、松尾邦春容疑者の逮捕により詳しい年齢や住所がわかりました。

  • 名前:松尾邦春
  • 住所:北海道常呂郡佐呂間町宮前町
  • 年齢:52歳
  • 銀行口座:楽天銀行 サルサ支店 支店番号207 口座番号3123391

住所や年齢はネットで推測されていたのと同じでした。

ツイッターの犯人特定班はさすがです。

特定の仕方については記事内の続きに書いてますので、そちらを読んでいただければと思います。

 

犯行の動機については「金が欲しかった」と話しています。

スポンサーリンク

お悔やみ詐欺の内容

新たな詐欺の手口悔やみ詐欺」が流行っています。

お悔やみ詐欺とは新聞のお悔やみ欄を見て住所を特定し、無差別に架空請求の手紙を送り付けるという内容です。

実際にお悔やみ詐欺のターゲットとなった方が手紙の内容をTwitter上で公開しているので見ていきたいと思います。

この手紙は投稿者の母親宛てに6月20日に届いたものだそうです。

人の不幸に漬け込んだ非常に悪質な詐欺です。

手紙の内容も不自然すぎて見るからに怪しい感じがします。

こういった内容の手紙が届いたことのある方や心当たりのある方、お悔やみ欄に載せたことのあるという方も、いつ自分に送られてくるかわからないので、振り込まないように充分注意してください。

スポンサーリンク

新聞のお悔やみ欄とは?

お悔やみ欄って何?

新聞を読まない方や読んではいるけどお悔やみ欄を知らなかったという方もいるかもしれません。

私も新聞は1面や2面、スポーツ、経済面の注目記事を見ているだけでお悔やみ欄のことを知りませんでした。

そこで自分が取っている新聞を探してみると地域のことが書かれた紙面にお悔やみ欄がありました。

「お悔やみ申し上げます」のタイトルに続き、県と市と町までの住所と名前、年齢、亡くなられた日が記載されてあります。

このお悔み欄は、故人の訃報や葬儀、告別式の日程等を一斉に知らせたい場合に利用します。

新聞社にお願いすれば掲載してくれるようですが、中には新聞社の判断で掲載されないケースもあるようなので必ずというわけではないようです。

掲載にかかる金額は無料です。

掲載内容は次の通りです。

  • 亡くなった方の名前
  • 死亡年月日
  • 死因
  • 享年
  • 通夜・葬儀・告別式の場所や日程
  • 喪主(葬式の際の当主)の氏名・住所

この中の情報なら掲載してくれるようで、だいたい、亡くなった方の名前と住所、死亡年月日が掲載されています。

住所は町までわかるので、住所を特定することは容易だと思われます。

スポンサーリンク

お悔やみ詐欺の手口は?

お悔み詐欺の手口についてツイッターに投稿された方の手紙から情報をまとめました。

全国紙・地方紙のお悔やみ欄にから名前と住所が特定され手紙が送られる

手紙の内容は亡くなった方からこちらでずっと預かっている荷物があるというもの。

預かりものは児童ポルノ法違反に該当する違法なわいせつなDVD。

違法のため警察に届けると罪になるが、内々で処分することも可能。

その際は、168000円の多大な額をネット銀行に振り込むように言われる。

支払い期限は手紙が届いて3営業日以内で期限を過ぎると警察に提出する。

典型的な詐欺のやり口です。

亡くなった方のことなので、事実確認が取れないことをいいことに勝手なことを言ってきます。

「この手紙は脅迫文ではありません」とありますが明らかに脅迫ですよね。

大事な身内がなくなって傷心しているところを脅し、追い打ちをかけることで、判断が鈍った相手から金をだまし取ろうとしているのではないでしょうか?

また全体的に文章がおかしいですが、特に「その点宜しくです。」は、こいつ急にフランクだなって思いました。

スポンサーリンク

犯人逮捕前のネット上の推測

犯人逮捕に至るまでにネット上ではこの手紙を送りつけたお悔やみ詐欺の犯人が特定されつつありましたが、あながち間違っていませんでした。

お悔やみ詐欺の手紙にあるお問い合わせメールアドレス

jr8mky@outlook.jp

の@より前がアマチュア無線のコールサインであることがわかり、そこから犯人の名前が口座名義と同じマツオクニハルで、住所が北海道常呂郡佐呂間町と特定できたようです。

また、このコールサインが結構古いもののようで、30年くらい前のコールサインだそうです。

なので犯人の年齢もそれなりだといわれています。

50代くらいでしょうかね。

ネット上の情報をまとめると犯人についてわかっているのは次の通りです。

  • 名前:マツオ クニハル
  • 住所:北海道常呂郡佐呂間町
  • 年齢:中高年ぐらい
  • 銀行口座:楽天銀行 サルサ支店 支店番号207 口座番号3123391

住所以外は特定できていました。

ネットの力おそるべしですね。

スポンサーリンク

アマチュア無線?コールサイン?ハム?

私は年齢が若いのでアマチュア無線やコールサインと言われてパッと理解できませんでした。

中には私と同じようなに思う方もいるのでは?

そこでアマチュア無線、コールサイン、ハムについて簡単に説明を入れておきます。

もう知っているという方は読み飛ばしてください。

アマチュア無線

アマチュア無線とは今でいう携帯・スマホのようなもの。

電波を通して無線で連絡を取り合うことができますが、アマチュア無線を金銭利益目的として使用してはいけないようで、あくまで個人の趣味や、登山の際のいざというときに使われるそうです。

このアマチュア無線のことを違う呼び方で「ハム(ham)」というそうです。

 

コールサインとはアマチュア無線の識別番号、今でいう携帯番号です。

今回のコールサインのjr8mkyについて説明すると、

最初の2桁はを表しており、JRは日本を意味しています。

日本を意味する記号は他にもJAやJGなどありますが、JRは日本を意味する記号の中でも最初の方に使われていた記号だそうです。

そこからおよそハム歴30年と推測されるため、マツオクニハルは中高年ではと言われています。

 

3桁目の数字は地域を表しており、8は北海道を意味します。

最後の3つの記号は無線を使うための局を表していて、mkyはマツオクニハルの個人局だとわかります。

このコールサインを無線局の情報が集められたサイトで検索をかければ、そのアマチュア無線を使っている人の名前、住所が特定できるということです。

スポンサーリンク

ネット上の声

SNS上でもこの行為があまりにひどすぎるという声多数ありました。


また文書力がなさすぎなどの手紙の文面に注目する方も多く見られました。

確かに、文章力がないなというのは読んでいて思いました。

でもなかには信じてしまう人もいるので、メディアを通じて情報供し、詐欺被害にあわないようにしていきたいですね。

すでに楽天銀行や警察の方も動いているようなので、近いうちに捕まると思います。

以上、お悔やみ詐欺の内容や手口と犯人の名前や住所などの情報まとめでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!