周南市の緑地公園に野犬が!画像や動画と野犬が増えた理由や原因は?

ニュース
スポンサーリンク

山口県周南市の周南緑地公園などに多くの野犬が出没し、住民が噛みつかれるなどの大きな被害や影響が出ています。

今年度に入ってすでに野犬による被害が4件も出ています。

周南市は犬の捕獲数が全県の6割を越しており、現在もなお野犬の数が増え続けています。

そこで、山口県周南市の野犬問題について、周南市の野犬の現状がわかる画像や動画、また野犬が増え続ける理由についてまとめました。

スポンサーリンク

山口県周南市に野犬が多数出没

山口県周南市では野犬問題が深刻化しています。

次は野犬問題の概要です。

周南市で今年度、住民が野犬にかまれてけがをする事案が4件起きている。周南地区は保健所による犬の捕獲数が全県の6割を超す「野犬王国」。行政の対応は成果を上げられず、増加に歯止めがかからない。

駐車場を取り囲む草むらから「カサカサ」と草の擦れる乾いた音がする。目を向けると野犬が群れをなしてうろついている。
周南緑地公園。市民のスポーツと憩いの場も近ごろは野犬の巣窟(そうくつ)の悪名で知れ渡るようになった。
昨年5月~今年1月、久米政所の路上で住民が野犬に脚をかまれる被害が3件発生し、70代女性ら男女3人がけがをした。平原町の住宅街でも2月21日、60代女性が襲われて足を負傷した。現場はともに緑地公園から半径1.5キロ圏内で、緑地に生息する野犬が行動範囲を広げた可能性がある。
市に寄せられた野犬に関する苦情は昨年4~11月で223件に上る。地区別では桜木30件、秋月29件、岐山、久米が24件ずつと緑地公園周囲の地区が目立つ。

引用:新周南新聞社

周南緑地公園は憩いの場からいつしか野犬の巣窟に変わり、住民に被害を出しているようです。

野犬に関して寄せられた苦情が223件にも上るということで、相当住民を悩ましていることがわかります。

でも、なかなか現状を知らない方は想像がつきにくいと思いますので、周南市の野犬はどれほどいるのか画像や動画で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

周南市の野犬問題動画や緑地公園の画像

山口県周南市で多くの野犬が出没するということですが、一体どのような光景なのか、動画や画像で確認してみたいと思います。

 

車に寄ってくる複数匹の野犬動画


車が停まると、車に寄ってくる何匹もの野犬が。

こうして野犬が寄ってくるのは、人が日ごろから餌を与えており、餌がもらえると思って近づいてきているのだと思われます。

 

公園に何匹もの野犬の画像

よーいち@(@Yo_1_CAAD)さん | Twitter
よーいち@ (@Yo_1_CAAD)さんの最新ツイート。レノファ山口アウェーユニ#01 ロードバイク、ゴルフとフットゴルフ 勝つどーんっ!!!は文化(*´ω`*) #Jリーグカツ丼部 仮面ライダーアマゾンズはいいぞ! 動物愛誤に命を狙われているので一時的に鍵ですw←解除したので何かあったら察してください←やっぱ...

この野犬の数は異常ですね…。

これが周南市では日常化しており、とても住民が安心して暮らせるような環境ではないです。

想像していた以上だったので驚きましたし、これはいつ野犬に襲われてもおかしくないですよね。

怖すぎます…。

スポンサーリンク

周南市緑地公園に野犬が多い理由や原因は?

周南市は犬の捕獲数が全県の6割を越す「野犬王国」で、その数は現在もなお増加し続けているようです。

県周南環境保健所管内の犬の捕獲頭数はグラフの通り。昨年度は1032頭で全県(1680頭)の5分の3を占める。年度別でも増加の一途で特に2016年度は前年比175頭増、昨年度は174頭増と200頭に迫るペースで増えている。

(画像引用:新周南新聞社)

増加の最大の原因は自然繁殖だ。

緑地で定期的に餌を与える個人、グループがいて増殖を促している。彼らは善意で餌やりをしていると思われるが、その行為は結果的に住民に迷惑をかけ、不安がらせている。けが人の出る局面に発展した以上、迷惑で済む話ではなくなった。

市は緑地公園の餌やり現場は4カ所とみている。保健所と協力して巡回を重ねているが、行為者の特定に至っていない。

市は11年、迷惑行為禁止条例でペット以外の動物への餌やりを禁じ、違反者には氏名を公表する制裁を科すと定めた。だが、条例化後8年間1度も適用されたことがなく、空文化している。

制裁適用の前提となる餌やり行為の現認もなく、監視の甘さが指摘されている。保健所も人的被害のあった現場におりを仕掛けて捕獲を試みているが、危害を加えた犬はまだつかまらず、不安は解消されていない。

(引用:新周南新聞社)

野犬の増加の原因はある一部の住民が善意でエサを与え始めたのがきっかけのようですね。

野良猫とかでもそうですが、一度餌を与えると、ここに来れば餌がもらえると野犬は認識するので、自然と集まってきます。

おそらくその場所が緑地公園で、公園に来た人がでかわいそうにと思って餌をあげたのではないでしょうか?

エサをあげた人は悪気はないと思いますが、ここまで大きなことになるとは考えていなかったはずです。

なので、周南市の対策として、迷惑行為禁止条例でペット以外のエサやりを禁止しました。

しかし、それが条例が適用されたことはなく、あってもなくても変わらないのが今の現状です。

その他、エサやりを禁止する看板なども設置しているようですが、まだまだ対策としては甘いように感じます。

何か別の効果的な対策をうたないと、これからも野犬が増え続ける一方です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、山口県周南市の野犬問題について、周南市の野犬の現状がわかる画像や動画、また野犬が増え続ける理由についてでした。

住民への被害がこれ以上増えないよう、なにか打開策が必要です。

今回の山口県周南市の野犬問題の住民への被害や影響などをまとめた記事もありますので合わせて読んでいただければと思います。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
today's scope

コメント

error:Content is protected !!